Yahoo!検索エンジンとGoogleは好みが違う!

‘SEO’というのは、「検索エンジンの評価」です。つまりこれは、ページの内容について好みを検証すること!
Yahoo!検索エンジンそしてまたGoogleがアナタのホームページに評価をしている形ですが〜人間と同じでそれぞれ好み(つまり評価)が違うのです。
たとえば、ざ・SEO|SEO対策だと、相互リンクのされ方だったり、キーワードの出現頻度や位置関係など…
アナタのホームページもさまざまな部分を見られて、独自の評価の基準にて判定されてるわけですね。
こういうのを‘アルゴリズム’と言いまして、これはアチラの独断で決めている。。
そしてアルゴリズムは変わります。 これは検索エンジンの好みがコロコロ変わるということだ!

よって、「ページの内容について検索エンジンの好みを検証する〜」これこそSEO対策の真髄です。(相互リンクの募集でも同じ)
というわけで、、その評価などについてYahoo!とGoogleの二大検索エンジンを説明します…

Yahoo!検索エンジン
本名: Yahoo! Search Technology!?
特徴: キーワード(日本語)の理解がGoogleよりも進んでいる感じだけに、キーワード出現頻度や配置に関して結構うるさいかも!
オリジナリティなどまでよく読み取ってると思われます。
お好みタイプ: 他よりもオリジナリティの高いホームページ^^
いかにも「SEO対策しました!」的なものはあまり評価をしてくれないので〜被リンクのみでは足りないでしょう…

Google検索エンジン
本名: Googlebot!?
特徴: Yahoo!にくらべ、日本語の理解がもうひとつであるAmericanな作りなので、そのページが良い内容か?わかりません・・・何かにつけてマヌケな評価をしたりします…^^
そのわりに、Yahoo!検索エンジンより優れるのが〜 ‘ページランク’という手前味噌モノサシを使うよっ!(ただし順位と関係ない)
お好みタイプ: キーワードを正確に理解出来ないこともあり、”被リンク”の評価が高い?
Yahooにくらべ、SEO対策が単純でも上位に行けたりするケースが多々あります…
そのほかクロールなどは概ね優秀ですが、やはり日本語の理解をもうひとつ上げないとね、わが国では〜

↑こちら《ざ・SEOの情報?!》としてわたくしなりに、二大検索エンジンの評価などについて説明してみたが…(笑)
共通部分もあります。しかし、好みが違うのも確かでしょう!
特に、‘相互リンク’に対する評価のやり方が異なる。
Yahoo!検索エンジンにおきましては、「短期間での大量な被リンク」が場合によっては完全ペナルティにもなります。
ところが、Googleでは滅多にそのようなことは無い。(最近はあります)
一気に1万ページくらいの被リンクというのを目撃したことがあるが、その時はYahooのみ、キレイにペナルティを科せられていた。
ただし、最近のGoogleはページの内容をよく評価しているようで、簡単に上位にはならないので注意してください。。

※ 『検索エンジンに好まれたいSEOではキーワードをどう見てるの?』 もゼヒお読みを!

SEO対策をやる人が良く言いますが〜 「先日、その相互リンク募集についてや、ページ内のキーワードなどを見直したおかげで順位が動いた♪」
これはほとんどウソ!? そんなもの分かるはず無いのに…
二大検索エンジンでもYahooの好みは分かりにくい。
アナタがあるページをいじります。二週間後、全体的に順位変動が見られないにもかかわらず、アナタのホームページだけ上昇。
ここで勘違いが始まるわけですが(笑)、Yahoo!検索エンジンは想像以上に広い視野で評価をして順位を決めている。
☆アナタのいじったページ
☆そのページに発リンクしてるあなたのサイト内の全ページ
☆同じく外部被リンク

ざっと考えただけでも、これだけの評価を行っている。
しかもだ、これらは一気には行われません。。 時間差なので、最終的に順位を決めるまで数ヶ月かかることもある。
わたくしが申したいのは、「いつ〜やったから順位が変わった…」などという薄っぺらな検証結果がプロからも発せられてる点。
もちろん、大雑把にはわかるかもしれませんが…… その情報にはあまり根拠がないということは確かです。

ラストになりましたが、Yahoo!検索エンジンとGoogleの‘ページ数(規模)’への評価のやり方は逆っぽい。
概ね、これは相互リンクと同じで多いと良い!というSEOの考え方に似ている。そのページのお相手となるのがGoogle。 
考え方として逆に、減点要素となり得るのがYahoo!検索エンジン。
もちろん、人間から見ても‘SEO対策が濃い内容のホームページ’なら良いが、そうでないならページ数をイタズラに増やすべきでは無いでしょう。
評価が分散します。これらは多数の検証で明らか〜 YahooとGoogleの決定的な相違点です。
ただし、濃い内容のページだらけの場合や、被リンクもそういう場合は話が変わってきます。 (これは内部被リンクとして機能する〜)

アナタが世の検索エンジンすべてで上位になりたいのは分かっています。 (笑)
しかしながら、決定的な好みの違いがいくつか存在する以上、一つに絞るのが得策であり結果的に効率が良いでしょう!