アナタも検索エンジンになったつもりでぇ…

「検索エンジンがキーワードをどう見てるのか?」 これこそがざ・SEOなのだから。
(最近は相互リンクのやり方よりもこちらです)
家庭教師として第一に・・・・・ 見てるのは人間では無いってこと!
まだまだ「人間が関与」と思ってる者がいるようですが、、何十億ページも見れないだろっ!(笑)
ゆえに、検索エンジンというのはYahooの検索エンジンだろうがGoogleだろうが、独特の評価となります。

YahooなどはSEOをどう見ているのか?その検索エンジンの評価を考えると、それはページの内容について見るアナタの審査員みたいなもの。 (よって、その好みに合わせたいトコだ。。)
重要であるリンクのことやキーワードのことをまとめてみた『ざ・SEO』でも書いたかもしれないが…
アナタがもし検索エンジン側だったとして、世の中にたくさんあるホームページをどう順位付けしますか??

この評価のやり方として、「‘SEO'というキーワード!!!をどう見てるのか?」 
例えば今現在ですが、Yahoo!検索エンジンにおきましての認識が約3億ページとします。
まあ、そこまで順位付けしていませんが、それにしてもこれだけたくさんあるので悩むのです普通は。

これについては、『そもそもSEOは相互リンク募集が無いと語れない…』わけで、最初はこれ! そうです、‘被リンク’の影響。
つまり、リンクしてるほうの事情〜
仮にアナタが、「SEO」というキーワードを自身のホームページから完全に削除したとしよう!
しかしながら、リンクしてくれてるほうの内容が「ざ・SEO!」という感じであればだ、そのキーワードでの影響は避けられないので〜これは検索エンジンから評価されよう。 そもそもSEOは「相互リンク募集ありき!」なのだから。(こちら注意して下さい)

さて、YahooやGoogleがこの被リンクのみによる評価であれば〜順位付けも容易。
しかし、検索エンジンはキーワードも見てくれる。
でなければ、被リンクの量などのチェックのみで、大規模ホームページばかりが上位表示されるのである。
そうすると… わたくし達のような規模小で貧弱なホームページなどは低い評価となり、順位どころではない。

さて、キーワードも見てくれるんだぁ〜と胸を撫でおろした所で、アナタも検索エンジンになったつもりになって!
Yahoo!などの検索エンジンが評価しようと見てるのは…
☆どんなキーワードが出現しているのか?(種類)
☆どのくらいキーワードが出現しているのか?(総単語数)
☆それぞれの位置関係

気にしたことございますか?
※ 『キーワード出現頻度など?』参照