SEOでの被リンクなどでは勝負にならない!?

最新の情報でも、規模の小さいサイトはリンクを中心としてグーグルの評価は厳しい・・・ 
では、そういった‘被リンク’のみなのに勝ってるというのはどういうことでしょう?

SEO対策をやったら思い知りますが、世に存在する大規模ホームページのパワーはすごい。
そこでだ、勝負にならない?!アナタのホームページとの違いを考えてみましょうよ。 突出した差は大きく二っつ!
SEOとしては「被リンクの量」そしてまた「知名度が高いか?」〜

まず、有名な会社のサイトなどに太刀打ち不可能なのが「知名度が高い」ほうで、お金がかかりすぎる。。(アナタが金持ちなら別) 
よって、それ以外のやり方として「被リンク」によるSEO対策に励むこととなるが、大規模な会社は相互リンクなど…これがまた膨大な量でありまして〜(SEO対策の家庭教師|被リンクの重要度
…その上恐らく毎日のように新たな被リンクがされる。(チェックするとわかります)

実はこれ、ビジネス界と全く同じ論理でして、根本的に大規模ホームページが有利。 
効率性や上昇度などを考えると… つまり、相互リンクをするとしてもその増加の仕方が違うのですよ!
家庭教師っぽくかっこ良く言えば〜‘スケールメリット’に近いが、ちょっと説明させていただこう。

アナタはコーヒー店を9店舗経営している。 お相手は…9000店舗の巨大コーヒー店「ドトールノワール♪」(笑)
ハッキリ‘味’に関してはアナタが勝ってる。 接客も居心地も、規模小なるアナタの店を支持する人が多い状況〜〜
ところが、アチラはコーヒーをば200円にてっ! アナタは500円…
「なぜに200円で出せるのか?」 これこそがスケールメリットでしょうよ。
☆9000店舗分のコーヒー豆を買い付けるわけで、売る方(原料屋さん)も大きく割引してくれるので仕入値低
☆何万人の膨大アルバイトを抱え、人材教育・管理ノウハウも超豊富ゆえ効率的
☆フツウのコーヒー店×9000倍ほどの宣伝費を使え、知名度がケタチガイ
☆宣伝をするのが大変な超田舎であっても「ドトールノワール♪」となれば信頼される傾向
……

図体が大きく、規模小のトコよりも経営が大変な面はあるが、軌道に乗ってしまえば大きくなるほどメリットは多々。
ユニクロやマクドナルドに松屋など〜皆そうだね。
☆大規模ゆえ身内のホームページが大量に存在し、SEO対策でも⇒‘身内同士の相互リンク’が必然的に構築される
☆しかも身内のほとんどの知名度が高いのならば、SEOとしてのリンク自体のパワーがすごい。
☆知名度が高いゆえ、頼んでもいないのに赤の他人達(他社や素人衆)が勝手にリンクしてくれる。

どれをとっても、SEO的な相互リンク募集に有利なことばかりだ。。
家庭教師でもこれは勝負にならない。 つまり上記のようにSEO対策を進めれば理想的なのだが、規模小であろうアナタは‘知名度が高いホームページ’を大量に持ってるかい? さらに、赤の他人達がバンバンと被リンクをしてくれそうか?
圧倒的に不利なのはお分かりいただけたでしょう!(笑)

本題へ〜 SEOの家庭教師らしく…
アナタが規模小であれば、大規模ホームページを検証しても意味は薄い。 そもそも土台が違いすぎる!
よって、不可思議に上位となっている‘規模小軍団’の検証が重要となろう。
わたくしもその軍団の一人だが、規模小なホームページとは〜
素人運営人などで土台がとっても小さく、相互リンクなどもあまり獲得し得ないホームページのこと。(※最下方参照)
どうみても下位でしょうよ。。 身内が存在せず、しかも獲得も間々ならないわけだから〜

規模小なのに上位のサイト…それには‘オリジナリティ’が関わっていると言うのがわたくしの考え。
全く有名では無く、あまり支持してくれる者もいないし〜被リンクも少ないサイト。
このような状態で内容もフ・ツ・ウ…
これでは、検索エンジンもアナタを上位にする理由が見当たらない!!

さらにまとめてみた、『そもそもSEOは相互リンク募集が無いと語れない…』以降の情報をお読み下され〜〜

‘規模小軍団’とは?

《ざ・SEO》サイトでも登場するキーワードだが、こちらは資金量や知名度などがない弱小企業や素人のサイト運営人のこと。
SEOの情報でもとても重要で、圧倒的有利な相互リンク・ページ網など持たずして上位を実現している!(規模が小さいサイトなのに評価が高いのです)
わたくしが勝手に命名させていただいたのであり〜 軍団は実在しません…(笑) 

免責事項

当ホームページにおきましては全てに渡り、正確性・完全性等、如何なる保証をするものではありません。