これは… SEO用語コレクション

SEO
まずはこの用語!って、注意が必要なことはSEO対策だとか相互リンク募集がごく一般的だが・・・
意味としては、検索エンジン(Search Engine)の最適化(Optimization)〜誰が呼んだか、‘S・E・O’
これは要するに、Yahoo!などの検索エンジンの評価(好み!?)的なものを検証、それに合わせ形でホームページを最適化する。
リンクやキーワードに関するさまざまなSEO対策が存在します。

被リンク
こちらは「リンクを受けてること」とでも申しましょうか、評価が高い対策です。。(ちなみに、「する側」は‘発リンク’)
決まった言い回しはございませんが、「受けてる」と「する」を一目瞭然にわかりやすく分けるために‘被リンク’などとしています…
相互リンクにも関係しますね。(Yahoo!やGoogleでも未だに評価が高いです☆)

キーワード出現頻度
わたくしが良く申し上げてるのは「キーワード出現頻度解析」というツールでのSEO対策のことかも!?
SEO用語として勘違いされやすいのが〜 「出現頻度解析」=「出現率」
そんな小さい話ではない(笑)、無くてはならないツールなのですよ。 とにかく、想像以上にさまざまなことを見ることができるのである。
※ こちらについては『キーワード出現頻度などをどう捉えようか?』参照

相互リンク
これは要するに、相互で両方が同じことをしあう…リンクのこと。こちら評価は高い対策ですが、どっちのサイトもページの内容が重要で、どちらかのみでは評価が上がらない可能性があります。(言ってみれば「片想い」では駄目です)
さて、サイトの‘相互リンク募集’ではだからこそ注意が必要になります。ヤフーやグーグルも最近は見ていますから〜前述のようにページの内容が良いことが条件になります! 
また、受けてる場合に‘被リンク’なんて用語をわざわざ使うわけです。
※ こちらSEO対策の情報サイトですが…相互リンク募集の増加などでも可愛がって下されば幸い〜

アルゴリズム
なんか膨大な計算などをコンピューターにさせたりする時に、それがとっても効率良く進むよう基盤として仕込むのがアルゴリズムです。
潜在能力は高いが、最初に人間が何らかの設定をしてやらないとそもそも役立たず。。
検索エンジンが世の膨大なホームページ達を順位付け(評価)する時にも用いられる。
恐らくだが… 「アナタのホームページは、リンク関係で395万点。キーワード関係で122万点〜」
といった形で総得点が決定され評価される。それに従ってサイトが順位付けされてるのであろう。
よって(おっとSEO用語コレクションらしくなってきました)、順位を上げることは、この検索エンジン・アルゴリズムの解明と申しても過言では無い!

これはSEOの用語では無いが説明しておこう…

濃い味のYahoo SEO
こちらのサイトですが、内容について良いとか悪いとか…ツッコミなどはお控えください。。 Yahoo!検索エンジンに特化したSEOの検証などを紹介したわたくしの最初のホームページ!
初めてにしては良く出来てるような…(自画自賛^^)
評価が高いホームページというわけではありません・・・・・・・

汎濫停畜
「学問が広く深いことの例え〜」
これはまさに‘SEO’のこと!でその中でも‘相互リンク募集’などは特に意味として一般的な用語ではないでしょう。よくわからないので注意して下さい〜 ただし、これはまさにそのものと言えます。
(SEO対策というのは説明するにも広く深いぜぇ〜どこも見ても根拠のない適当な情報だらけだし…)

寛容
かなりズルイ言葉でして…自分と異なる意見の人に「乱筆にて何卒ご寛容を。」などとわたくしも用いる。
つまり、「内容はイマイチだったかもしれないが、アナタの度量の大きさで受け止めてねっ」という意味?!

少なっ! (笑)

SEO用語も内容を強引に出そうと思えばまだあろうが、この度は必要最低限ってことで…
もうちょっと濃い味に質問などをしたい人は〜
SEO用語
(ヤフーやグーグルのさまざまな情報があります♪ そもそも「SEO」ってなんでしょうか〜?) その対策を説明する。使ってください★

免責事項

当ホームページにおきましては(外部へのリンクを含め)全てに渡り、正確性・完全性等、如何なる保証をするものではありません。